任意整理とは、債務整理の方法の一つで、金融業者と話し合うことで、借金そのものは減らさずに、利息や返済額を減らすというものです。 自分でもできないことはありませんが、交渉力が重要になりますので、多少費用はかかっても経験豊富な弁護士や司法書士に依頼する方がいいでしょう。 特に金融業者の取立てで悩んでいる場合には、弁護士や司法書士に依頼して金融業者に受任通知が送られると、和解成立まで取立てができなくなるというメリットがあります。 また、金融業者の大半は出資法の上限に基づいて利息を設定していることが多いのですが、利息制限法による利息の上限はもっと低いので、任意整理することによって過払い金が戻ってくることも少なくありません。 任意整理をすれば、余計な利息を払うことなく、現実的なプランに基づいた返済が可能になるはずです。 官報にも掲載されませんし、グレーゾーン金利(利息制限法の上限以上、出資法の上限未満の金利)の金融業者に限定して行うことができるのも嬉しいですね。 ただ、任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。 いわゆるブラックリストにのってしまうため、以降7年くらいは新たな借り入れはできませんから注意が必要でしょう。